ストロークを打つ前のフットワーク(基本編)

バックハンド
スポンサーリンク

ビハインド・ザ・ボールとは?

ストロークの基礎となるフットワーク。
ほとんどのテニススクールでこの動きを反復練習しないが、非常に大事な基本だ。
これができるだけでパワーもコントロールも格段によくなる。

打つ前に必ずボールの後ろに足を入れることが大切だ。
多くのプレイヤーが足ではなく、手を使ってボールの距離を調整する。
これにより腕だけのスイングとなり、ミスショットの可能性が高くなる。
手で調整することなく、スイングできる位置に足を動かす」ことがポイントだ。

参考動画

フェデラーのトレーニング動画

開始20秒から始まるトレーニングだ。左で出されたボールを左手で、右手で出されたボールを右手でキャッチしている。ポイントは手を伸ばしてキャッチするのではなく、肘の角度は一定のまま足を動かしてボールをキャッチしていることだ。(一球だけ逆の手でキャッチしているが…)

どのようにすればビハインド・ザ・ボールをマスターできるのか?

フォア、バックの判断を早める

相手からボールが飛んできた際にフォア・バックのどちらで打つか遅れてしまうと、ラケットとボールの適切な距離となるように足をセットできない。

練習方法としては次の動画が一般的だ。

ラリーが上達する!フォアハンド、バックハンドストロークの判断スピードを高めるコツ!

打つ前にどちらで打つか声に出してから打とう。
ボールがネットを超えた時点で判断することが大事だ。
地味な練習だが意識するかどうかで大きく変わる。

一直線にボールに向かわない

ベースライン付近にボールが来た際にボールの着地点に一直線に向かっていないだろうか。
サービスライン付近にボールが落ちた時、焦ってボールに突進していないだろうか。

必ずボールの後ろをとってから、前後の距離を調整しよう。

ボールの後ろを取るときの一歩目はクロスステップで動き、その後サイドステップで半円を描くように動くと、素早く動くことができる。(オレンジの線)

余裕があれば、軸足を使ってボールへの距離を詰めよう。この際も一歩目はクロスステップで大きく動き、サイドステップで距離を微調整しよう。(赤色の線)

参考動画

ジョコビッチとデルポトロの練習動画だが、2人とも相手が打ちやすいところに打ち続けているが、ジョコビッチの1球目のバックハンドはボールの後ろに入った後、左足で距離を調整している。意識してみるとすべての球に対して後ろをとっているのが分かる。

【ジョコビッチ✖︎デルポトロ】違和感のあるくらいの安定感抜群のストローク【完璧なフットワーク】

まとめ

・ビハインド・ザ・ボールを意識

・ラリーの判断を早める

・一直線にボールに向かわない

あまりにも地味すぎる練習だが、テニスの基本だ。トッププロ選手全員が毎日練習していることだ。手のスイングではなく、足を意識して練習しよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました