現代的フォアハンドの打ち方(基本編)

フォアハンド

基本的なフォアハンドの打ち方をまとめた。

次の場面を想定している。
・しっかりとボールの後ろに入れている
・ボールの高さが腰~肩である

深いボールで後ろに下げられたときに打つ守備的なショットや、ロブのような高く弾むチャンスボールは足の使い方がこの記事とは異なる。これらは別の記事でまとめるので、そちらを参考にして欲しい。

スポンサーリンク

非利き手にラケットを預ける

利き腕ではなく非利き手でラケットを持とう。そうすることで利き手をリラックスさせられる。非利き手でスロートをしっかりと握り、利き手を離してもラケットを落とさないように心がけよう。
手の平と五本指でしっかりとラケットのスロートを持とう。

身体を半身にする

腰をひねり身体を横にしよう。
腰(骨盤)をひねることで、身体全体を使ってボールを打つことができる。
また最大限に身体を回転させるために、オープンスタンスで構えよう。

非利き手を出す

非利き手をセットしよう。非利き手をセットすることで、利き手への意識が薄れる。そうすることで利き腕の力みを取ることができる。

簡単に非利き手を意識するには、非利き手を内側にひねろう。
ひねりを加えることで非利き手を意識しやすくなる。

足・骨盤を使ってスイングする

腕ではなく、足・骨盤を使ってスイングしよう。

足・骨盤だけを動かしてラケットを振ろう。
素振りをしながら、足・骨盤だけを動かしてラケットを動かしてみよう。
この感覚が非常に大事なので、腕をふらずにラケットが動いていると確信を持てるまで素振りをして欲しい。

非利き手でラケットをキャッチする

インパクト後は非利き手でラケットをキャッチしよう。キャッチすることで次のようなメリットがある。

・自然と現代的なワイパースイングになり、自然なスピンがかかる
・非利き手でラケットを持つことで、一旦利き手を休め、利き手の力みをとる

前に軸足を出す

腰(骨盤)の回転を使って、自然に軸足を前に出そう。
意識することで腰(骨盤)の回転を最大限にすることができる。
自然と軸足を前に出す動きをレッグドライブという。最大限パワーを出したいときはこの動きをいれていこう。

参考動画

ツアー選手のなかでは小柄な錦織選手はレッグドライブまで使って、完全に腰を回転させることで力強いショットを打っている。

Nishikori Australian Open 2017 Court level Practice

まとめ

非利き手にラケットを預ける

身体を半身にする

足・骨盤を使ってスイングする

非利き手でラケットをキャッチする

前に軸足を出す

コメント

タイトルとURLをコピーしました