体の正面にきたボールをボレーする方法

ボレー
スポンサーリンク

はじめに

ボレー・ボレーやサービス&ボレーで体の正面にボールが飛んできて、うまく返球できずネットにかかったり、力が入らずチャンスボールになったりしないだろうか。体の動きを止めることなく、体の正面にきたボールをボレーする方法を解説する。

打ち方

体の正面のボールはバックハンドで対応しよう。
フォアハンドで対応するとオープンスペースが大きくなってしまう。

体の正面にきたボールに対するフットワーク(右利きの場合)

  1. 右足の前に左足をセットする
  2. バックハンドでボレーする

このようなフットワークをすることで身体を前に進めながら、ボレーすることができる。
サービス&ボレーが上手な選手が必ず使うテクニックだ。
ボレー・ボレーのなかでも練習できるので少しずつ慣れるようにしよう。

もちろんフォアハンド側でも対応可能だ。次のようにしてみよう。(右利きの場合)

  1. 左足の前に右足をセットする
  2. フォアハンドでボレーする

この場合オープンスペースができるので、次のプレーに気を付けよう。

参考動画

フェデラーの練習動画をベースに動画を作成してみた。フェデラー選手も取り入れているフットワークだ。ブライアン兄弟もよく使っているので興味がある人は確認してほしい。

体の正面(ボディ)にきたボールをボレーする方法

クロスオーバの説明

テニス 動画レッスン クロスオーバーステップで打つ正面のボレー

コメント

  1. […] 体の正面にきたボールの打ち方は別記事で解説しているのでそちらを参考に […]

タイトルとURLをコピーしました