手の感覚を高める(コーディネーション能力を高める)

トレーニング
スポンサーリンク

コーディネーションとは?

「 自分の身体を巧みに動かす能力」「運動神経」のことです。
運動神経の良さとは次のように定義されている。

1.リズム能力 身体をリズミカルに動かす
2.バランス能力 崩れた体体勢を素早く立て直す
3.連結能力 関節や筋肉の動きを無駄なく同調させる
4.反応能力 合図に対し正確に素早く対応動作をする
5.定位能力 空間把握能力
6.変換能力 動作の素早い切り替えを可能にする能力
7.識別能力 ボールやラケットの用具操作を精密に行える能力

コーディネーション能力を高めるためにはどうすればよいか?

テニスはラケット競技なのでラケットで打った際のボール感覚を高めることが大事になる。

次の動画を参考に試して欲しい。

動画でテニスレッスン コーディネーショントレーニング

動画でテニスレッスン コーディネーショントレーニング

ボールリフティングの動画。
利き手だけでなくて非利き手も練習しよう。利き手ならうまくできる人も非利き手でうまくできないひとは多い。非利き手を練習することでバックハンドの感覚がよくなるだけでなく、左足の感覚も高まる。騙されたと思って試して欲しい。ジュニアの練習では良くやるそうだが、大人になるとスクールでも教えてくれないので、時間があるときに自分で試してみよう。

ショートラリーやボレー・ボレーをするときに、また抜きショットや背面ショットを練習するのも効果がある。是非試してみてほしい。

打球感覚を養う

コートでの練習時間は短いけど、周りの人に差をつけたい!ストロークをコート外で上達する方法 ~打球感覚を養う~【テニス動画知恵袋】

ドリブルも効果がある。両腕で試してみよう。

ラケットでボールキャッチ

ラケットでボールキャッチ!テニスボールをバウンドをさせずにキャッチするには

ボールキャッチの動画

慣れない打ちは膝を使ってボールの勢いを吸収しよう。
フォア面だけでなくバック面も練習するとより手の感覚を高められる。

股抜きと背面ショット

シングルスを股抜きショットと背面ショットのみで勝負してみました。Tennis Rise テニス・レッスン動画

股抜きと背面ショットの練習動画。
シングルスコートでやるのは難しいので、ミニテニスで練習するとよいと思う。

Kei Nishikori vs Hyeon Chung Practice @ Washington Citi Open (HD)

アップ時に時々錦織選手が股抜きショットを打っている。遊び心かもしれないが、錦織選手がコーディネーションを意識して、練習しているとすればどうだろう。

Kei Nishikori vs Hyeon Chung Practice @ Washington Citi Open (HD)

最後に

YouTubeで調べるとコーディネーションの動画が沢山アップされている。
スクールで意外と教えてもらえないが意外と大切な練習だということが分かると思う。

オフコートでも練習できるので是非やってみよう。

家で練習する際にテニスボールを使うと、何か壊してしまうこともある。
是非スポンジボールで練習してほしい。

Amazon

楽天

『10%OFFクーポン対象』BRIDGESTONE (ブリヂストン)「スポンジボール3(STAGE3)BBAPS4 1袋(2個入り)」キッズ/ジュニア用スポンジボール

価格:648円
(2019/2/20 00:21時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました