スクールでは教えてくれないにも関わらず、全てのプロ選手が意識している現代テニスの基本(ストローク・ボレー・サーブ全てのショットがすぐに向上し、試合で勝てるようになるたった3つの意識するべきポイント)

現代テニスの基本
スポンサーリンク

テニスが上手な人とは?

安定して試合に勝つことが出来る人

テニスはトーナメント方式であり、優勝するためには連続で勝ち続ける必要がある。
これはプロレベルだけではなく、アマチュアレベルでも同様だ。

安定して試合に勝つためには、ストローク、サーブ、ボレーすべてのショットを安定して打つ技術が必要である。仮に調子が悪くなったとしても、数ゲームのうちに修正する能力が求められる。

もし3つのショットそれぞれに意識すべきポイントが沢山あったらどうだろうか?
恐らく試合中に様々なことを意識する必要があり、とても試合に集中できないだろう。試合ではショットを安定して打つだけではなく、相手の弱点や配球といった相手への戦略も考える必要がある。

つまり勝ち続けるためには、自分のショットをシンプルに考える必要があるのだ。

今回はプロ選手・コーチも意識しているたった3つのポイントを紹介する。

ストローク、ボレー、サーブすべてのショットに求められるものは?

意識すべき3つのポイントを紹介する前に、すべてのショットを打つ際にプレイヤーに求められる3要素を紹介する。各要素を実現するために、どうすべきか説明する。

①大きなパワー

②優れたコントロール

③様々な球種の打ち分け

今回は①~③を実現する方法を説明する。

①大きなパワーを生み出す方法

股関節を使うことで、足の力を利用してスイングする

腕ではなく、足の力を利用してスイングしよう。
腕よりも足の方が筋肉が大きいため、足の筋肉を使ってスイングすると腕よりも大きな力をボールに伝えることができる。

足の筋肉を連動してスイングするために意識すべきことが、股関節だ。

股関節を使うはスクールで教えられる膝を曲げるとは別物である。

膝を曲げて戻すだけでは4つの筋肉が連動せず、ボールに大きな力を伝えることができない。
大事なのは足の筋肉を連動させて、大きな力を生み出すことである。

各ショットの股関節使った打ち方は別記事に記載しているので、そちらを参考にして欲しい。

②優れたコントロールを身につける方法

腕を脱力することで、手の感覚(タッチ力)を高める

腕に力を入れるのではなく、力を抜いてボールのインパクトを感じよう。腕に力が入っているとストリングにボールがどのように当たったか分からず、ボールをコントロールすることができない。
腕を脱力するためには、股関節のひねりでボールを打つことが前提となる。なぜなら足を使い大きな力を生み出すことで、腕に力を入れてボールを打つ必要がなくなるからだ。

手の感覚(タッチ力)はボレーのみで重要だと思われがちだが、そうではない。
ストローク、サーブを含めたすべてのショットで有効である。

例えばスピンサーブを打つためには、ボールにストリングを薄く当てて擦り上げる感覚が必要である。またストロークにおいても、相手の強いボールに対してインパクトでスイートスポットを外したときには少しボールの勢いを吸収する感覚が必要である。

③様々な球種を打ち分ける方法

様々なラケットの振り方(ラケットワーク)を覚えることで、様々な状況に対応する

①、②ができることを前提に様々なラケットワーク(テクニック)を覚えることで、様々な状況に対応できるようになる。

例えば、ストロークで低いネット際のボールを持ち上げる際には、リバースフォアハンドを使うと簡単にボールを持ち上げることができる。(リバースフォアハンドは別記事を参照)

状況に応じた打ち方(テクニック)を覚えることで、様々なボールに対応できるようになり、プレーの幅が広がる。ミスが減ることはもちろんのこと、様々なショットを打つことで相手のペースを変えることも可能だ。

なぜスクールではこのポイントを教えてくれないのか?

スクールが商売だから

スクールは生徒に満足して帰ってもらう必要がある。つまらない練習では多くの生徒は満足しないのである。
コーチの頭の中はこうだ。

・怪我をさせてはいけない(無理な練習はだめ)
・楽しんでもらう必要がある(地味な練習はだめ)
・多くの生徒を教える必要がある(個別なアドバイスはできない)

①と②は地味な練習が必要であり、つまらないのである。
また厄介なことに多くの人ができないので、真面目に教えようとすると、コーチが指摘を連発することになる。つまり生徒のストレスがたまり、生徒がイライラし、スクールを辞めるのである。

コーチは①と②を教えることを放棄し、③のごく一部を教えようとする。
なぜ一部かというと、ほとんどのテクニックは①と②ができていることが前提なので③を教えてもできないので無意味である。

結果小手先のテクニック(③の一部)を教えることになる。
結果上達しないスクール生ができるのである。

ではどうすればよいのか?

①、②を意識して練習に取り組む

股関節のひねりや腕の脱力は自分でできる簡単なトレーニングがあるので、意識的にできるようにしましょう。

このブログでも記事を書いていくので、そちらを参考にして欲しい。

参考記事

股関節を使ったストローク

【現代テニスのストローク基本】すべてのプロ選手が実践するフォアハンド、バックハンド両方でパワーのあるボールが打てる股関節のひねりによる運動連鎖を利用した打ち方

股関節と腕の脱力を使ったボレー

【現代テニスのボレー基本編】フェデラー選手も取り入れている対戦相手がすぐにミスしてくれるコントロールされたパワーのあるボレーショットを打つ方法(脱力グリップと股関節のひねりを使った運動連鎖で、足の力を利用したボレーを打つ方法)

股関節を使ったサーブ

トッププロ選手のようにサービスゲームをキープできるようになるパワーのあるサーブを打つ方法(股関節のひねりを使って運動連鎖を使うことで、足を利用したパワーのあるサーブを打つ方法)

コメント

  1. […] 今回はボレー基本編ということで、現代テニスの基本である「股関節のひねり」と「腕の脱力」を利用したボレーの打ち方を説明した。(現代テニスの基本については別記事で紹介しているので、こちらを参考にして欲しい。) […]

  2. […] 今回はボレー基本編ということで、現代テニスの基本である「股関節のひねり」と「腕の脱力」を利用したボレーの打ち方を説明した。(現代テニスの基本については別記事で紹介しているので、こちらを参考にして欲しい。) […]

タイトルとURLをコピーしました