フェデラー選手を参考にしたインパクト後の正しい腕の動きについて(ワイパースイングって、どんなスイング?)

テクニック

フォワハンドを打つ際の、インパクト後の腕がどのように動くのかを解説したいと思います。

スポンサーリンク

フォワハンドを打つ際のインパクト後の動きを実現するために、意識すべきポイントはどこか?

インパクト後、「右腕の前腕」に意識を集中してください。

具体的には次のように動かします。

インパクトをした腕、手首の形を維持し状態で、右腕の前腕を使って、右腕を内側にひねります

※右手や手首を意識せず、あくまで「右の前腕」を意識することがポイントです。

インパクトの形が正しいことが前提になりますが、このように打つことで無駄なく、フィニッシュを向かえることができます。

フェデラー選手のように腕をのばしたままインパクトをすれば、ラケットは身体から遠い位置でフィニッシュをむかえます。
(腕をのばしてインパクトした方が遠心力を使えるため、スピン量が多くなります。その分内側にひねる際の腕の力も必要になります。)

インパクト

フェデラー選手はイースタングリップのため、地面とラケット面が垂直

内側に右腕をひねりはじめる

インパクト時に伸ばした状態の右腕のまま、内側に右腕をひねり始めます。

ラケットが体の正面を通る

相手コートに向かって右肩、右肘、右手、グリップがほぼ一直線に向きます。
この時点で左手を上に向けます。

ラケットが体の左側へ

体の正面を通り過ぎ、ラケットが体の左側へ移動する。
この時も腕は伸びている。

フィニッシュ目前(グリップエンドが相手コートを向く)

内側に右腕をひねりきったら、ようやく腕が曲がる。
この際に肘が前に残る。

フィニッシュ(肘が前に出て、ラケット面は地面を向く)

最後はインパクトしたラケット面が地面方向を向く。

また右腕をひねることで、ラケットヘッドが急激に動くので、体が回らないようにする必要があります。そのために、目線をインパクトした時点にとどめてください

補足

自分の腕力に適さない重いラケットを使うと、この動きをすることが非常に難しくなります。
この動作ができる重さのラケットを選ぶことが大事です。

これが俗にいうワイパースイングだと思いますが、その言葉だけではなかなか実現できないと思いますので。

是非参考にしてください。

参考動画

Roger Federer Forehand Slow Motion 2019 – Fluid Relaxation

Roger Federer Forehand Slow Motion 2019 – Fluid Relaxation

コメント

タイトルとURLをコピーしました