サーブ

サーブ

【サーブ】フォワードスイング開始前の基本姿勢(これをマスターすれば、スイングスピードが上がり、様々な球種を打ち分けることができる)

はじめに フェデラーのように様々な球種(フラット、スライス、スピン、トップスライス)を打ち分けたいと思っているが、どのように球種を変更すればよいか分からないと悩んでいませんか。 今回はすべての球種を打ち分けるために必要なフォワ...
サーブ

フェデラー選手を参考にしたサーブのスイングスピードをあげることで、スピン量とパワーを上げる方法(これで高く弾むスピンサーブやエースを狙えるトップスピンサービスが打てるようになる)

サーブのスピン量とスピードを高める肘の使い方を紹介します。スピン量とスピードを高めるためには次の2つが重要です。 スイングスピードを上げるボールを高い位置から打つ 今回はこれらを実現する肘の使い方を解説したいと思います。 ...
サーブ

【サーブ】サービスのスピードを上げるために必要なたった2つのポイント(プロネーションとレッグドライブ)

はじめに テニスのサーブは多くの動作があり、最も複雑なショットになっている。サーブを武器にするためには、非常にたくさんの要素がある。しかし今回のポイントを意識することで、サーブのスピードを簡単にアップさせることができる。今回のページ...
サーブ

【スライスサーブ】ロジャー・フェデラー選手のように簡単にスライスサーブを打つ方法

本記事の目標 ロジャー・フェデラー選手がサーブ練習の最初に行うスライスサーブを打てるようになること フェデラーがやるサーブ練習のパターン(Federer Serve Practice) まずはこれが打てるよう...
サーブ

パワーとナチュラルスピンを生み出すプロネーションについて(正しいプロネーションでサーブを打てない理由と、正しいプロネーションを習得する5つの練習方法)

正しいサーブのプロネーションを習得することは非常に重要と分かっているが、なかなかできるようにならない。 今回は正しいプロネーションを身に着ける方法を紹介する。 そもそもプロネーションとは? 外側にひねった腕を内側にひねり...
サーブ

サーブのトロフィーポーズにおける上半身のひねり

上半身をひねることで、ひねり戻しのパワーを使うことができるようになる。 これによりボールにスピンを多くかけることができるようになる。 ひねり戻す分、スイングの距離が長くなり、インパクトが難しくなるが、スイングを加速させやすくな...
サーブ

サーブのトスの位置について

サーブのトスは、狙った場所に常に上げることが大事である。 今回はトスを狙った位置に上げるコツと、トスの位置を紹介する。 参考として、球種別(フラット、スライス、トップスライス、スピン)のトスの位置も紹介する。 狙った位置...
サーブ

サーブの足の位置

スピード、スピンをアップするためのサーブの足の位置を紹介する。 より大きく体重移動できるような、足の位置にすることが大事である。 体重移動を大きくすればするほど、ボールのスピードとスピンをアップできるが、難しくなるのでバランス...
サーブ

サーブの基本グリップについて(スピンをアップするグリップ)~コンチネンタルグリップではなく、Continental gripで握れていますか?~

サーブのグリップは薄く握る サーブのスピンをアップさせたいなら、グリップを薄くする。 サーブのスピードとスピンのアップに欠かせないプロネーション(外旋⇒内旋)を自然と行えるようにするためには、グリップを薄く握る必要がある。 ...
サーブ

サーブのスイングについて(ナチュラルスピンに必要な腕の動作)

サーブのスイングについて 「サーブのスイングはひとつ」 「球種を変えるためにスイングを変えない」 このような言葉をよく聞くが、そのスイングを理解するのが難しい。 今回はそのスイングを分かりやすく紹介した動画を見つけ...
タイトルとURLをコピーしました